京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

謹賀新年+アドベントの思い出

イメージ 1

 謹賀新年。
 京都では、比較的おだやかな気候のお正月となりました。

 教会の庭の夏ミカンが色づいてから、早2ヶ月。
 1月29日(日)礼拝後に、みんなで収穫する予定。
 毎年数百個を収穫して、女性会の皆様がマーマレードにします。
 皆様のご苦労に、感謝申しあげます。




 2012年1月1日(日) 新年(元旦)礼拝


 聖書 イザヤ書 40章 1~5節
 説教「本当に新年が来た」
 讃美歌21 361「この世はみな」
       252「羊は眠れり」
       458「信仰こそ旅路を」

 出席者 18名

 礼拝後に行事やお茶などは無し。

 午後2時から、京都南部地区の「新年合同讃美礼拝」が、
 同志社女子大の栄光館にて行われました。出席170名。



 みなさま、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。
 新しい年がよい年でありますように。
 みんなで、そういうふうにしていきましょう。

     京北教会 牧師 今井牧夫

イメージ 2

 写真は、昨年9月に気仙沼を訪れたときのもの。
 大島に渡る船内から、船にとまったカモメを撮影。
 
 曇った空の下で遠くを見ているカモメ。
 地震津波のときには、どこにいたのだろう。
 何を見ていたのだろう。

 







 
ある年のアドベント(待降節)の思い出
 
イメージ 3
 京北教会の玄関。リースを飾っています。
 
 クリスマス前の4週間を、
 教会の暦で「待降節」(たいこうせつ)と呼び、 
 「アドベント」の時期ともいいます。
 アドベントとはラテン語で「現れ出る」という意味だそうです。
 
 今年の京北教会では、アドベントに入る前、
 玄関を入ったところの
礼拝堂の中央扉の前に、小さい机を置き、
 クリスマス・カクタスという花の鉢を飾りました。
 
イメージ 4
 
 この、礼拝堂の中央扉には、ある物語が残されています。
 
 京北教会に初めて訪れた1人の牧師、
 
 彼は京北教会に主任牧師として迎えられるかどうか、
 
 そのことを教会役員の方々と話し合うために、
 
 そして初めてこの教会で礼拝説教をするために、
 
 やってきました。
 
 その日は、12月第1日曜日。4年前の今日……。
 
 教会玄関に入り、そこで受付をしていた教会員に、
 
 彼は、爽やかに、「こんにちは! 
 
 どうぞよろしくお願いいたします!」
 
 と元気よく声をかけたあとに、
 
 玄関からスリッパを履いて中に入り、
 
 中央扉を手前にひっぱって勢いよく開けたのでした。

 
(当時、小さい机は扉の前に置かれていませんでした)
 
 
 すると、どうなったかというと!
 
 扉の上にかけられていた、手作りのクリスマス・リースが、
 
 扉の戸にあたって、勢いよく、手前に跳ね上がるようにして飛び、
 
 そして床に落下して、バーン! という音と共に壊れ、
 
 リースに丁寧に付けられていた飾りが飛び散りました。
 
 「うわっ!」と声があがり、その後に、沈黙の時間……。
 
 
 この中央扉は、結婚式や葬儀式など以外のときは、
 
 締め切っている扉だったのです。
 
 それを知らなかった彼は、
 
 この扉を開けて礼拝堂へ入ろうとして、
 
 思わぬ粗忽者(そこつもの)になってしまいました。
 
 
 「そこつもの」とは何でしょうか。
 
 国語辞典によれば、「そそっかしい人」、
 
 また「おっちょこちょいな人」とあります。
 
 
 落ちたクリスマス・リースは、
 
 教会員が拾い上げて飾りを直して再び飾られました。
 
 それ以来、この中央扉の前には、
 
 小さい机を置き、花を飾ることが習慣となりました。
 
 粗忽者を二度と出さないために。
 
 
 彼はその後、どうなったのでしょうか。
 
 4年前のことを思い出しながら、ブログを書いています。
 
 粗忽者であり続けながら。
 

イメージ 5

 アドベント、それは、幸いが現れることを待つとき。



 思い出のなかで、そのことを感じます。