京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

<京都葵教会を訪れて>(2016年1月、地区新年合同祈祷会)

 
 
イメージ 1
 
 
──京都葵教会を訪れて──


京都南部地区「新年合同祈祷会」

2016年1月13日(水)19:00〜20:30
 
於 京都葵教会


 
地区「新年合同祈祷会」の、

もともとの名前は
「初週祈祷会」でした。


19世紀にイギリスのロンドンで始まった、

教派を越えた呼びかけで始まった、

世界規模の新年初頭の祈祷会のことです。


京都でも古くから開催されており、

現在は日本キリスト教団の京都南部地区が、

その伝統を引き継いでいます。

地区内を6ブロックに分けて、

毎年総勢100名以上が参加します。
 
イメージ 10
 
京北教会は地区の第2ブロックにあり、

ここでは今回は京都葵教会が会場となりました。

京都葵教会のみなさまに感謝申し上げます。





このほかにも、京北教会ブログの一環として、

京北教会牧師が様々な教会などを訪れた記録の、

「あちこち訪問記」のアドレスは、

以下です。よろしければご覧ください。

 
 
 
・2013年9月の片岡広明牧師就任式の記事は以下です。https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/15662595
 
 ・2016年1月に地区新年合同祈祷会は以下です。https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/17707462
 
2017年7月の内山友也牧師就任式の記事は以下です。
 
 ・2011年の同教会での講演会の記事は以下です。https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/10855784
 
 
 


イメージ 2
イメージ 3
京都葵教会は、京北教会からそう遠くなく、

隣の教会と言える距離です。

これからも、よろしくお願いいたします。
 
イメージ 4

開催前、奏楽者が練習しておられます。

寒い時期の夜間のご奉仕に感謝します。


イメージ 5
だんだんと人が集まってきます。

毎年、とても寒い時期なので、

人数としてはそう多くありません。

一つの会場で15〜25名といったところです。

それでも、地区全体では100名以上が参加しています。


祈祷会といっても、

ふだんの礼拝に近い形式で、その最後近くに、

自主的に自由にお祈りする時間を設ける形です。


イメージ 6
祈祷会でお話いただいたのは、

京都葵教会の片岡広明牧師。

ルカによる福音書から、洗礼者ヨハネの話。

ありがとうございました。


礼拝堂の十字架は、伝統工芸の陶器です。

細い金属の糸で吊ってあります。


静かな祈りの場にふさわしい、

そして「和」の雰囲気を大切にした、

素晴らしい礼拝堂です。



イメージ 7
今回の出席者は、6教会から16名。

寒い時期の夜間に、よく集まってくださいました。
 
終わってから、別室の広い和室で茶菓をいただきました。


この広い和室は、平日には週2回、

「パンダ園」という名前の、

心臓病の子どもたちなどの保育施設として、

用いられて、賑やかな声が響いています。


 
イメージ 9
手作りアップルパイを美味しくいただきました。

感謝です!

 
それぞれの教会の近況や、自己紹介など、

和気あいあいと時間を過ごしました。

 
 
イメージ 8
 

お世話いただいた京都葵教会のみなさまに感謝します。

ありがとうございました。


そして、ブログへの写真掲載を、

片岡広明牧師より了解いただきましたことを、
 
感謝いたします。