京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

<京都市・出町柳(駅)の近くの教会紹介──加茂川教会を訪れて>(日本基督(キリスト)教団加茂川教会訪問記 2017)

イメージ 1

 ──日本キリスト教団 加茂川教会を訪れて──

 2017年2月19日(日)聖日礼拝に出席しました。(教会休暇で)

皆様に快く迎えていただき、うれしかったです。
写真・記事の掲載を主任牧師に了解いただきました。
感謝申し上げます。


イメージ 2

 上の地図と下の記載は、京都教区HPより。ご提供に感謝します。


 日本キリスト教団 加茂川教会

〒606-8205 京都市左京区田中上柳町59

T. 075-791-3313 F. 075-722-6314

創立:1927年10月27日

主任担任教師:上林 ルツ子(うえばやし るつこ)

担任教師:上林 護(うえばやし まもる)

礼拝:毎日曜日10時30分から

夕礼拝:不定期日曜日19時30分から

聖書を読む会・祈祷会:毎日曜日礼拝後





ほかにも、京北教会ブログの一環として、

京北教会牧師が様々な教会などを訪れた記録の、

「あちこち訪問記」のアドレスは、

以下です。よろしければご覧ください。




イメージ 3

 「今日は、加茂川教会の礼拝に出席しよう」と決めたのは、
 当日(筆者の休暇1日目)の朝9時過ぎてからのことでした。

 礼拝前の10時ごろ。
 この日の朝は、曇り空でした。
 人通りの多い、出町柳の駅から東に行くと、
 教会が見えてきます。

 このあたりは本当に人通りが多いです。
 学生や地域の方々が、自転車や徒歩でひっきりなしに、
 通っていきます。

イメージ 21

 分かれ道の角、
わかりやすい場所に教会があります。

イメージ 5

 礼拝は朝の10時30分から。
 どうぞご自由にお入りください。

イメージ 4

 この日の週報と「こころの友」が掲示されています。

イメージ 6

  (上の写真をクリックして単独で開き、再度クリックすると拡大表示できます)

 このあたりには、外国からの留学生がとても多いので、
 礼拝の式次第の英語版も掲示されています。
 実際、様々な国の方が来られるので、
 何カ国語もの聖書を備えておられるそうです。

イメージ 7

   さて! 礼拝前に、朝食をとりたいと思って店を探すと、
 焼きたてパンの店の横に、食事席が用意されていました。
 大助かりです。ぱくぱく食べました。
   美味しかった! 教会のすぐ近くです。これは助かる。

イメージ 8

   そして、いざ教会へ。礼拝へ。
 10時前に前を通ると、海外の美しい讃美歌のCDが、
 道を行く人に聞こえるように流されていました。
 これは素晴らしいです。とても自然に心地よく感じました。

イメージ 9

 教会玄関。障子をあけるとすぐ礼拝堂です。
 入りやすい。
 
イメージ 10

 小振りな礼拝堂。
 古くからの講壇、長椅子に歴史を感じます。
 礼拝では、この2台とも用いられます。

イメージ 11

 歴史ある礼拝堂。綺麗に整えられています。
 清楚な気風を感じます。

イメージ 12

 少しずつ出席者が集まってこられます。
 3人掛けの長椅子が6脚。小振りな礼拝堂です。
 (脇に1個ずつのイスもあり、30人は入れるでしょう)

 ただ大人数を目指すよりも、
 一人一人に目が行き届く教会でありたい、
 とのことを、信徒の方が仰っていました。
 正しいことだと思います。



イメージ 13

 この小さいリードオルガンが、とても美しく大きな音色で、
 驚きました。本当に素敵です。珍しい形ですね。
 礼拝では2台が用いられ、こちらは説教前の黙想のときに、
 奏楽がなされました。

イメージ 14

 礼拝の直前。凛とした空気が流れます。

 礼拝のなかでは、「こどもたちのための『とき』」があり、
 絵本の読み聞かせとお祈りがなされました。

 子どもたちと共に行う礼拝は、心温かく、
 にぎやかで楽しい、そして充実した内容でした。

 海外出身の方々のために、礼拝のすべての式順を、
 日本語と英語の両方でなされていたことも素晴らしいです。
 説教は日本語で、英語の要約プリントも用意されています。
 
 礼拝のなかで、説教前の黙想のときがあったことも、
 新鮮に感じました。

 よく考えられた礼拝の内容に、感銘を受けました。

 この日の説教の聖書箇所は、ルカによる福音書16:1〜13。
 必死で生きようとするときに、小さなことにも忠実になり、
 そこから、大きなことにも忠実になる、という説教でした。
 ここに出てくる「不正な管理人」のたとえ話の、
 「不正な」とは「敏腕な」「賢い」との意味もあり、
 必死で生きようとするときに、小さなことにも忠実になる、
 そこから神に従って生きていこう、との主旨と理解しました。
 心に残る誠実な説教でした。

 生きるために、小さなことにも忠実になろう。
 ──そう思いました。
 

イメージ 15

 礼拝が終わったあと、席を組み替えて、
 ティータイムをします。
 美味しいコーヒーと果物をいただき、
 歓迎していただいて恐縮、そしてうれしかったです。

イメージ 22

  出席者に出身が沖縄の方がおられ、
  珍しい沖縄の地元の果物をいただきました。感謝!
  砂糖をかけたりしながら、美味しくいただきました。
    
 ティータイムのときに、加茂川教会の歴史や、
 出席の方々の近況などお話いただき、
 また私も京北教会や私自身の思い出など、
 様々な話をさせていただました。
 皆様の暖かなご対応に、心より感謝申し上げます。
 
イメージ 16

   昔からの長椅子は、聖書や讃美歌を上に置けるとともに、
 その下に収納もあって、これは便利と感心しました。

イメージ 17

   最後尾のイスには、十字架が彫り抜かれています。
 玄関の障子とも相まって「和」の雰囲気を感じます。
 
イメージ 18

 充実した礼拝と、楽しいティータイムのあと、
 帰途につきました。外に出るとよく晴れていました。

イメージ 19

 出町柳の駅近くなので、本当に人通りが多い、
 よく目立つ所にあります。
 海外からの留学生や教師など、様々な方々が、
 来会されるそうです。いずれ自国に帰られるので、
 そう長くおられるわけではなくとも、
 「一度来たことが印象深く残るようにと思っています」
 と信徒の方が仰っておられたのが心に残りました。

イメージ 20

   今回、突然の来訪だったのに、
 温かく迎えて下さった加茂川教会の皆様に、
 感謝いたします。

 そして、これから、
 この教会に新しく来られる方々に、
 神様の祝福をお祈りいたします。

 清楚な教会と、真実な聖書のことば、
 そして祈り豊かな礼拝が、
 きっと心に残るひとときになると思います。