京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

<丹波新生教会(亀岡会堂)を訪れて(2018)>


──丹波新生教会(亀岡会堂)を訪れて──

        2018年 7月27日(金)14:30〜15:30

          (京都教区の三役訪問として)


 京都教区では毎年夏に、教区内の教会・伝道所を、

 教区三役が一泊二日の旅のなかで訪問します。

 京都市内から遠方の教会や、自然災害に被災した教会など、

 教区として互いに気遣い合い、共に祈るための訪問です。


 2018年度は、7月に、5教会を訪れました。
 
 4番目に訪れたのは、丹波新生教会(亀岡会堂)です。


 今回訪問したのは、7月の西日本豪雨水害で、

 この教会が被災されたことによります。


イメージ 2


 
(参考)
 丹波新生教会の「園部会堂」については、
 2017年度の下記アドレスをクリックいただくと、 
 二人の牧師の就任式の様子などでご覧いただけます。

 ブログ「丹波新生教会(園部会堂)を訪れて(2017)」



イメージ 1
丹波新生教会は、亀岡教会と丹波教会が合同した教会で、
毎週、四つの会堂で礼拝し、
二人の牧師が対等の立場で共同牧会している教会です。

創立:1970年5月17日(亀岡教会と丹波教会が合同した日)
牧師:片岡 広明(かたおか ひろあき)
牧師:宇田 慧吾(うだ けいご)

<亀岡会堂>
〒621-0803 亀岡市河原町165-2
礼拝:毎日曜日10時30分から
聖書研究・祈祷会:毎木曜日13時30分から

 
 ★他の三つの会堂は、京都教区HPに表示されています。
 下記のアドレスをクリックするとご覧いただけます。


 上記地図と教会データは京都教区HPより。ご提供に感謝!



 
 今回訪問の、当ブログへの、写真記事掲載の許可を、

 片岡広明牧師から快くいただきました。感謝申し上げます。

 また、今回ブログでは2018年3月撮影写真も交えています。



イメージ 4

道路からよく見える、美しい会堂です。


イメージ 5

大通りから道に入って建物の裏に回ります。
すぐ前を線路が通るので、電車から見えるように、
教会名を会堂の窓に表示しています。


イメージ 18

左が教会堂、中央奥に教会の玄関があります。
右が牧師住居。手前に駐車場。


イメージ 6

清楚な礼拝堂。


イメージ 7

講壇付近。


イメージ 8

2階席から撮影した、講壇付近。


イメージ 9

礼拝堂後部を仕切って、集会室にできます。


イメージ 10

住居部の窓に、金属製の防水板(着脱式)が設置されています。

2014年度の大水害のときに、亀岡市は大きく被災しました。
この亀岡会堂も床上浸水の大被害を受け、
建物だけでなく車2台が廃車となるなど、
水害は教会を直撃し、教師・信徒の生活に大打撃をもたらしました。


イメージ 11

それを契機に、この防水板を設置したとのこと。
教会と住居、それぞれの玄関と窓に9箇所設置されています。


イメージ 13

上写真の左側、会堂の玄関横に、防水板が置いてあります。
右側の住居の玄関にも、防水板を着脱する柱があります。
浸水の水害への備えが、こうしてなされています。


イメージ 19

このような窓の防水板は、今まで見たことのない設備です。


イメージ 12

これは住居の床下に付けられた排水溝。
ふだんはキャップで閉じています。


イメージ 14

2014年度の水害では、
礼拝堂の床上数十センチの浸水があったとのこと。

そのとき、教会も、この地域の方々全体も、
ともに水害に苦しまれたことを思います。

そうした、繰り返される水害のなかで、
祈りをもって共に歩もうとする、
教会の皆様に、主の守りと導きをお祈りいたします。







教区三役の教会訪問とは別のことになりますが、
2018年8月1日、丹波新生教会の皆様から、
京北教会あてに、お手紙が届きました。

今回の豪雨水害のあと、京北教会から、
祈りを込めた、お見舞いのカードを、
教会のみんなで寄せ書きをして送りました。

そのお見舞いカードに応えて、
水害被害・復旧活動の写真(下掲写真)と、
教会の皆様の手書きの署名を添えて、
以下のお手紙をいただいたのです。

(以下、片岡牧師のご承諾を得て掲載します)


………………………………………………………………………………………………

京北教会 今井牧夫牧師様、教会の皆様

このたびは先日の水害に対し、
心あたたまるお見舞いの寄せ書きをお送り下さり、ありがとうございました。

私共の会堂は5年前にも水害の被害を受け、その時は床上浸水となりました。
今回は床のほうは無事でしたが、屋外の排水ができなくなり、
いわゆる「屋上プール」となってしまい、階下の天井壁が破損しました。

屋上にたまった水は教会員宅より農業用ポンプを借り、排水をいたしました。
壁の修理とエアコン室外機の点検は業者に依頼しています。

まだまだ暑い日が続き、台風シーズンもこれからですので心配ですが、
今後、十分な修理と対策をしていきたいと思っています。

皆様のお祈りとお交わりに心から感謝いたします。

神様の豊かな祝福がありますように。


2018年7月 丹波新生教会 亀岡会堂

牧師 片岡広明

(以下、教会の皆様の手書き署名)

………………………………………………………………………………………………
イメージ 15

送っていただいた、上写真は、以下の通りです。

(1)上の左 1階トイレの天井壁の浸水。
(2)上の中 上記の浸水で破損した天井壁。
(3)上の右 浸水の元になった屋上部分に雨水がたまった状態。
(4)下の左 農業用ポンプの稼働。
(5)下の中 ポンプで水を吸い出す作業。
(6)下の右 1階のポンプから屋上まで延ばしたホース。

………………………………………………………………………………………………

丹波新生教会(亀岡会堂)の皆様、
このような丁寧な書状をいただき、
まことにありがとうございました。

水害復旧の願いと共に、
御教会の皆様のうえに、
主イエス・キリストの豊かなお守りと、
尽きない祝福をお祈り申しあげます。



イメージ 17

丹波新生教会(亀岡会堂)の片岡牧師が、
三役からの急な申出にもかかわらず、
今回の教会訪問に快く応じて下さり、
共に祈ることができましたことに、
感謝いたします。
ありがとうございました!



2018年7月26〜27日の、
「教区三役による教会訪問」は、
丹波新生教会(亀岡会堂)訪問のあと、
洛陽教会をごく短時間訪問して終了しました。

イメージ 16

洛陽教会は豪雨による床下浸水で、
床ギリギリまで水位が来たとのこと。
地下ホール床のタイルが一部膨張していました。
以前から豪雨時に同様のことがあったとのことですが、
被害が小さくて済みますように祈ります。



















──教区三役による教会訪問を終えて──

京都教区76教会・伝道所、
そして幼稚園・保育園・福祉施設・学校、
教区・地区・有志などの様々な宣教活動、
宣教協約を結ぶ在日大韓基督教会など、
様々な形で、
主イエス・キリストを証しする全ての活動に、
主の守りと導きをお祈りいたします。