京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

<日本基督教団 津教会を訪れて(2019)>

イメージ 1

 

                日本基督教団 
  ──津教会を訪れて──

2019年 2月 18日(月)

イメージ 2
日本基督教団 津教会 
〒514-0036 三重県 津市 丸之内 養生町 9-11

<教会創立1896年>
 
津教会の公式ホームページは以下です。
(下記アドレスを画面上でクリックすると開きます)
http://www.wa.commufa.jp/~tsu-ch/
 
イメージ 23
 

今回のブログへの写真記事掲載につき、津教会の蜂屋博寿主任担任教師から、
ブログ内容をご覧いただいた上で、快く掲載の了解をいただきました。
ありがとうございます! 今後ともよろしくお願いいたします。
 

今回のほかに、筆者が様々な教会などを訪れたブログ記録を、
京北教会ホームページの「あちこち訪問記」に一覧で納めています。
下のアドレスを画面上でクリックすれば開きますので、
よろしければ、どうぞご覧ください。


イメージ 24
今回、一つの機会が与えられ、
京北教会牧師は、教会員4名とともに、津教会を訪れました。

津教会の皆様に温かく迎えていただき、
感謝申し上げます。

イメージ 3
大きな会堂です。

イメージ 5
教会の駐車場は、会堂の裏に回った川辺にあります。
車を駐車させていただいたあと、しばらく川を眺めました。
 
 
イメージ 4
道路沿いに、よく目立つ看板。

イメージ 6
敷地が広く、川べりの駐車場と別に、こちらにも駐車できます。

イメージ 7
教会の玄関近く。

イメージ 8
清楚で、バリアフリーな、広い玄関。
礼拝堂も、集会室も、段差なく入れる建物です。

会堂新築は2010年。
津教会の皆様の祈りの結晶です。


イメージ 9
広い廊下。全体がロビーのようで伸び伸びした空間です。

イメージ 21
美しい礼拝堂。

イメージ 10
木組みの梁が格調高く、美しい構造です。
耐震を考慮した設計がなされています。

天井が高く、説教の声も、
讃美歌の歌声も、とてもよく響きます。

イメージ 11
会衆席に、穏やかな陽光が射していました。

イメージ 12
講壇付近。

イメージ 13
代々の礼拝を支えてきたリードオルガン
暖かなぬくもりがある音色が響きます。

イメージ 15
エアコンが木枠に納められています。素晴らしい意匠です。
 
イメージ 14
この日に津教会を訪れたのは、
京北教会員の葬儀式のためです。
京北教会員として38年間、その後にご家族で転居され、
津教会の客員会員として41年間を過ごされました。

ご遺族のみなさまに、
主イエス・キリストの慰めを、心よりお祈り申しあげます。

そして、お世話になりました蜂屋博寿主任担任教師、
津教会の皆様に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

イメージ 22
美しい教会、素晴らしい式。
天候にも恵まれて、爽やかな思いで、
お見送りしました。

イメージ 16
この日、本当に、とても良い天気で、
外に出たときの、かすかな風が心地よかったです。

イメージ 17
シュロの木。
主イエス・キリストの十字架の受難を象徴します。
今年の受難節は、3月6日「灰の水曜日」からです。

イメージ 18
これは桜の木でしょうか。
今年のイースター(復活日)は4月21日(日)です。
 
イメージ 19
寒い冬が、もうすぐ終わりを告げ、
春の陽光のなか、新しい日々がやってきます。

土の中から新芽が出るとき、
それはもう近いはずです。




「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、
わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、
このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、
神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。
そればかりでなく、苦難をも誇りとします。
私たちは知っているのです、
苦難は忍耐を、忍耐を練達を、練達は希望を生むということを。
希望はわたしたちをあざむくことがありません。
わたしたちに与えられた聖霊によって、
神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。」

ローマの信徒への手紙 5章 1〜5節
 
(葬儀式での聖書のことば)




イメージ 20
津教会のみなさま、
蜂屋博寿主任担任教師、
本当にありがとうございました!

みなさまに主イエス・キリストからの、
幸いが深く与えられますように、お祈り申しあげます。