京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2019年5月5日(日)のこと

イメージ 7
 
<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ
   
「2019年5月5日
(日)のこと
  
イメージ 2
イメージ 3
 
 
日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
 
     京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
    京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分
 
 
   「京北教会ホームページ」を、
 
   このブログとは別に作っています。

イメージ 1
   よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

  どうぞご覧下さい!


   教会ホームページのアドレス
  ↓
 

 

 2019年 5月5日(日) ブログ 
 

イメージ 4

2019年 5月5日(日) 
 京北教会 聖日礼拝

  聖 書 マルコによる福音書 1章 16〜28節

  説 教 「網を打って、人を守る」 今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   206「七日の旅路」

        520「真実に清く生きたい」

        510「主よ、終わりまで」
         
 
  礼拝出席者数 31名
   
  礼拝後  ・軽食 ・5月定例役員会


イメージ 6
 
週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──

 
 彼らは漁師だった。

 イエスは、「わたしについて来なさい。

 人間をとる漁師にしよう」と言われた。

 二人はすぐに網を捨てて従った。

        マルコによる福音書 1章 16、17節




 エス・キリストが宣教を始められたとき、

 最初にされたのは、

 ともに歩む仲間を集めることでした。


 最初の2人から、

 後に12人となった弟子たちが、

 イエスとともに宣教を担う、

 人々の中心になっていきます。


 初めの弟子は、

 シモン・ペトロと兄弟アンデレでした。


 二人は漁師であり、

 湖で網を打っていたときに、

 イエスに声を掛けられ、

 イエスとともに歩み出したのです。

 
 イエスが彼らに言われた言葉、

 「人間をとる漁師」とはどういう意味でしょう。


 この言葉は、考えてみれば、荒っぽい表現です。

 人間を「獲る」という言葉は乱暴で、

 人間に対して失礼ではないでしょうか。


 しかし、この言葉を聴いたペトロたちは、

 すぐに従いました。


 荒っぽい言葉だからこそ、伝わったのです。


 集まってくる魚を逃さないのが、漁師の仕事。


 だから、イエス様に集まる人たちを、

 逃さずに守る使命を得たのです。
 
 
イメージ 10
(教会庭の夏ミカン、小さなつぼみ)
 
 
イメージ 12

花が咲き、実が大きくなるのはまだまだ先。収穫は1月下旬。

今から、少しずつ成長します。
 
 
 
 
 
 
 


イメージ 5


タケノコの名産地近くに住む教会員の御寄贈により、
 
お昼に、タケノコご飯と、

タケノコのおつゆをいただきました。
 
 
春の味覚をみんなで美味しくいただきました。
 
 
あく抜きや調理も含めての皆様のご奉仕、

そしてタケノコの御寄贈を、ありがとうございました!
 
 
差し入れのお菓子は、長野在住の教会員が、

先週に来京された折に、
 
教会の皆様にと、くださったものです。

感謝いたします。
 
おいしくいただきました。

長野でお元気でお過ごしください!
 
 
 


イメージ 11

教会庭の花。
 
 
イメージ 9
 
どこからか飛ばされてきた花びらが、

シロツメクサのところに。
 
 
イメージ 8

まわりと違う、紅い葉もありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
緑が豊かに育つ、今の時期。





 
草花や木を見ながらも、
 
心が、何かを探しているのだと思います。