京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2019年5月12日(日)「教会ファミリーの日」

イメージ 4
 
<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ
   
「2019年5月12日
(日)「教会ファミリーの日」
  
イメージ 1
イメージ 2
 
日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
 
     京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
    京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分
 
 
   「京北教会ホームページ」を、
 
   このブログとは別に作っています。

イメージ 3
   よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

  どうぞご覧下さい!


   教会ホームページのアドレス
  ↓

 

 
 
 


 




 

 2019年 5月12日(日) ブログ
 
 
 
 


イメージ 5

2019年 5月12日(日) 
 京北教会 聖日礼拝

  聖 書 マルコによる福音書 3章 31〜35節

  説 教 「まわりの家族と主イエス

                  今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   493「いつくしみ深い」

        470「やさしい目が」

        484「主われを愛す」
         
 
  礼拝出席者数 33名
   
  礼拝後  ・焼きそばパーティー 31名
        
          教会庭で大きな鉄板で焼きました。

          皆様のご参加・ご協力に感謝!



イメージ 6 
(教会庭の夏ミカンの花)
 




週報掲載
 <聖書と宣教のことば>

  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──

 
 イエスの母と兄弟たちが来て外に立ち、
 
 人をやってイエスを呼ばせた。
 
 大勢の人が、イエスのまわりに座っていた。
 
 
 「ご覧なさい。母上と兄弟姉妹方が、

  外であなたを捜しておられます」と知らされると、
 
 
 イエスは、「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え、

 まわりに座っている人々を見回して言われた。
 
 
 「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。
 
  神の御心を行う人こそ、
 
  わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。」

        マルコによる福音書 3章 31〜35節



 
  この箇所の少し前、21節では、
 
 イエス様を身内の人が取り押さえに来ました。


 「あの人(イエス)は気が変になっている」と言う、

 世の人たちの悪い評判の言葉を気にしていた身内は、

 イエス様の宣教を理解していませんでした。


 だから、この箇所のように、

 本当の家族とは「だれか」とイエス様は問うのです。


 神の言葉をともに聴き、

 ともに神の御心に生き、それを行おうとする、

 その一瞬のなかにある、神様と人とのつながり。


 そこから、もう一度、家族を大切にしていきましょう。



 
 
イメージ 7
(教会庭にて)
 


 
 
 
 
「教会ファミリーの日」礼拝のあとは、

教会庭で大きな鉄板で「焼きそば」を焼いて、

みんなでいただきました。
 
天候にも恵まれ、美味しくできて皆様に感謝!
 
 
そのときの写真は、また後日、ブログ掲載します。
 
 


 
 
…………と記して、ずいぶん時間が経ちました。
 
いまは、5月24日(金)の夜10時。
 
 
あらためて、写真を選んでみました!
 
 
 
イメージ 8
当日の朝。今は鉄板は裏返して置いている状態です。

天気予報は暑い晴天でしたが、

予想に反して、少し曇り空。

そのほうが、暑くなくて良かったです!
 
 
イメージ 9
礼拝後、さっそく、作ろう! 野外で特製の焼きそば。
 
 
イメージ 10
点火。みなさま、よろしくお願いします。
 
 
イメージ 11
 
イメージ 14
いい感じになってきました。
 

イメージ 12

調理、盛付の人もスタンバイ。
 
 
イメージ 15
焼くのは力がある大人の仕事ですが、

子どもたち、小さな子がいるご家族、

お体が強くない方々も、一緒に過ごします。
 
今日は「教会ファミリーの日」です。
 
 
イメージ 13
鍋で受けて、調理の机に運びます。
 
 
イメージ 16
みなさまが、調理を仕上げてくださいます。
 
 
イメージ 17
どなたかが、次々に盛っていくうちに間違えたのか、

この盛り方。みんなで大笑い。

入れ物のふたの方にも、盛ってしまいました。


間違われた方、楽しいひとときをありがとう、です。
 
 
 
イメージ 18
一巡したところで、二巡目に入ります。
 
 
イメージ 24
この、ドバッ! とした感じがよいのです。
 
イメージ 19
焼く人の視線に近いところから撮影。
 
こんな感じで焼いています。
 
 
イメージ 20
この鉄板は特注です。持ち手が付けられています。
 
ひょっとして世界で一つ、いや、2枚だけの鉄板でしょうか?
 
 
イメージ 21
この日は、牧師住居1階を開放して、

みんなのオープンスペースにします。

1年に2回、10月のバザーとこの日。
 
屋内でも屋外でも食べられます。
 
 
イメージ 22
付け合わせに、手作りピクルスを持ってこられた方も。

ありがとうございます! とても綺麗で美味しかったです。
 
 
ちなみに、焼きそばにはキャベツともやしがたっぷりなので、
 
野菜をいっぱい食べることができて、良かったです。
 
 
イメージ 23
そろそろ、おしまいです。

さあ、みんなで食べましょう。
 
 
屋外のパラソルの下で、あるいは、屋内の涼しい部屋で。
 
それぞれに好きな場所で食べました。
 
牧師住居の縁側でも食べられます。
 
 
子どもたちは屋内で家族といっしょに食べ、
 
大人同士の人たちは外で食べる人が多かった?
 
 
 
イメージ 25
焼いている足元の、シロツメクサ
 
 
 
イメージ 26
教会庭の夏ミカンの花。

小さい白いつぼみが、徐々に咲いていきます。
 
 
イメージ 27
どんな楽しいときも、どんな悲しいときも、

自分以外のところから、
 
見守ってくださっている方があって、
 
私たちが気が付かないところで、
 
こうして花を咲かせてくださっているのだと、
 
 
「教会ファミリーの日」を思い出しながら、
 
写真を選んでみました。
 
 
みなさま、ありがとうございました。
 
 
参加できた方も、事情で参加できなかった方も、
 
神様につながっていて、守られています。
 
 
美味しいものは、また食べられます。
 
 
またの機会を、楽しみにして、
 
変わらずに見守ってくださる神様と人への、

思いを持って礼拝しましょう。