京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

<日本キリスト教団 城陽教会を訪れて2013、岸本牧師就任式)

 
…………………………………………………………………………………
 本日のブログは、2013年の岸本兵一牧師就任式の記事ですが、
 岸本兵一牧師は、その後、2014年度末をもって、
 京都府南部地域に新規の伝道を始めるために転任されました。

 そして、2015年4月から新たに信岡茂浩牧師が就任されました。
 その就任式の様子を、以下のアドレスに掲載しました。
 どうぞご覧願います。(アドレスをクリックすると開きます)
 2015年7月26日(日) 城陽教会 信岡茂浩牧師就任式https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/17393354
 
 2018年の、城陽教会と京北教会の講壇交換の記事は以下です。https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/19093446


 
…………………………………………………………………………………




 
 
イメージ 2
 
  ──城陽教会を訪れて(2013)──

 2013年 8月 4日(日)15:00~
 日本キリスト教団 城陽教会
 岸本兵一(ひょういち)牧師就任式


 城陽教会は30年前に新しく伝道を始めて創立された教会。
 いま、毎週20〜30名以上の方々が集われます。
 「よく動いている教会」だと、どなたかが言っていました。
 

 岸本牧師に、この日の写真の、
 ブログ掲載の了解をいただきました。
 ありがとうございました。

イメージ 1
 最初は世光教会の家庭集会から「教会を建てよう」となり、
 最初の左側の会堂(礼拝堂)、次に右側(集会室)を建てたそうです。
 十字架が2本立てられています。

イメージ 6
 地図は京都教区ホームページから。ご提供に感謝します。


イメージ 3

 
イメージ 4
 会堂に入る前に、窓に貼られた案内が目に入りました。
 キャンプソングを歌うそうです。
 なんか楽しそうですね~。
 左は、映画をみんなで見る、信徒修養会の案内です。


イメージ 7
 城陽教会の礼拝堂。
 就任式の礼拝後、会場セッティングをします。
 いつもこの広い部屋で礼拝をしておられます。



 就任式の礼拝では、以下の聖書が読まれました。

    コリントの信徒への手紙1 9章19~23節
 
 「わたしは、だれに対しても自由な者ですが、
  すべての人の奴隷になりました。
  できるだけ多くの人を得るためです。

  ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになりました。
  ユダヤ人を得るためです。

  律法に支配されている人に対しては、
  わたし自身はそうではないのですが、
  律法に支配されている人のようになりましたる
  律法の支配されている人を得るためです。

  また、わたしは神の律法を持っていないわけではなく、
  キリストの律法に従っているのですが、
  律法を持たない人に対しては、
  律法を持たない人のようになりました。

  律法を持たない人を得るためです。
  弱い人に対しては、弱い人のようになりました。
  弱い人を得るためです。

  すべての人に対して、すべてのものになりました。
  何とかして何人かでも救うためです。

  福音のためなら、
  わたしはどんなことでもします。
  それは、わたしが福音に共にあずかるためです。」 

 

イメージ 8

 記念写真の撮影中。
 

イメージ 9
礼拝堂が一杯でしたので、廊下にもイスが並びます。
 
 お祝いの茶話会が始まりました。
 まず、新任の岸本牧師がギターを弾いて、
 「勝利を望み」(=We Shall Overcome)をみんなで歌います。
 
 そのあと、いろいろな方からスピーチをいただきました。
 下の写真の左の方が司会されました。感謝。
 
イメージ 14
 
 数十人の列席者の全員からスピーチとはいかないので、
 何人かの方にスピーチをお願いされました。
 
 その中で、一人の方が、自作の歌を詠んで下さいました。
 
 「無花果の 撓に実る 山城に 牧者迎えて 祝いの席」
 
  (いちじくの たわわにみのる やましろ
  ぼくしゃむかえて いわいのせき)
 
 無花果がこのあたりにはたくさんなっていることと、
 福音書のイエス様の話とを合わせてスピーチされました。
 
 
イメージ 11
 茶話会のために、
 たくさんのクッキーやケーキを、
 新任牧師夫妻が作ってくださいました。
 
 クッキーの模様(型)のデザインはオリジナル。
 何の模様だと思われますか。
 
 
イメージ 10
 最後は、東日本大震災復興ソングとして知られる、
 「花は咲く」を岸本牧師のギターでみんなで歌いました。

 この日いただいたカードを見ると、岸本牧師は64才とのこと。

 岸本牧師は、個人でもホームページを作られています。
 アドレスは以下の通りです。

 それと別に「城陽教会」としてのホームページがあります。

 どうぞご覧下さい。

 

イメージ 12
 帰るときに、教会単位でひとつずつ、
 お土産の入った紙袋をいただきました。
 
 岸本牧師の説教要旨を自家製本したもの、
 手作りクッキー、カードなど、盛りだくさんでした。
 どれも本当に手がかかるものばかりのお土産で、
 いただいて本当に恐縮です。
 ありがとうございました。
 
イメージ 13
 大きなクッキーは、ぶどうのデザインです。
 型から自家製です。まずイラストを書いて、
 そこから作り出すとのこと。
 カードはお嬢さんの作ったものだそうです。
 
イメージ 15
 大きな大きな、ぶどうの型のクッキー。
 ぶどうって聖書で何のたとえだか、知ってますか?
 
 
イメージ 5


 ろばのクッキー。

 「なんでロバやと思う? 
  今日、平和聖日やろ。
  聖書にイエス様がロバの子に乗る話があるやろ」
  ……と岸本牧師。

 
 このロバのクッキーを、まずイラストで書いた後、
 そのクッキー型を自分で作っている岸本牧師の姿を、
 ふと想像しました。

 少しイエス様に似ているようでした。