京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.7)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

地区「新年合同祈祷会」(2018年1月 平安教会)

イメージ 1

日本基督教団 京都教区


京都南部地区


「新年合同祈祷会」(2018)を訪れて


 
2018年1月10日(水)19:00〜20:00(〜20:30茶話会)

於 平安教会


地区を6ブロックに分けて開催しました。

第2ブロックは平安教会が会場です。


地区の新年合同祈祷会は、

元は「初週祈祷会」の名でした。

19世紀にイギリスのロンドンで結成された、

教派を超えた「万国福音同盟」の主催で始まりました。

そこから日本に宣教師が伝え、

日本でも自主的に新年初頭の祈祷会として広まり、

京都南部地区では「新年合同祈祷会」の名で、

毎年継続しています。




 ★他に、京北教会牧師が、滋賀や京都など、
  各地の様々な教会などを訪れた記録の、
  「あちこち訪問記」のコーナーをホームページに作っています。
  下記のアドレスをクリックすると開きます。

      「あちこち訪問記」


イメージ 15



京都南部地区の第2ブロックの教会は、以下の通り。

平安教会、京都上賀茂教会、ゴスペルハウス教会、

北白川教会、京都西田町教会、鴨東教会、

京都葵教会、賀茂教会、加茂川教会、京北教会

毎年持ち回りで会場を代わります。

 
 
2017年度(2018年1月)は平安教会が会場。

創立140年を迎える歴史ある教会です。

今回、平安教会の皆様に感謝して、

当ブログに写真記事を掲載させていただきます。
 


(参考)

以下のアドレスをクリックすると、本ブログ内での、

平安教会関係の記事をご覧いただけます。

「京都教区大会2012を訪れて(於 平安教会)」https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/14315714

「平安教会チャペルコンサート2015を訪れて」https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/17500681

 

「平安教会を訪れて(2015、宇野稔牧師就任式)」https://kyohhokukyohhokukyohhoku.hatenablog.com/entry/17291826 


 
 
このほかにも、京北教会ブログの一環として、

京北教会牧師が様々な教会などを訪れた記録の、

「あちこち訪問記」のアドレスは、

以下です。よろしければご覧ください。

 
 




1月10日(水)、なかなかの寒い夜となりました。
 
イメージ 3

夜の平安教会。もうすぐ夜7時。
 
 
イメージ 4
 
小人数なので、小さい部屋を使って、

この日の祈祷会をするのかなと思っていましたが、

大きな礼拝堂で開催してくださいました。

パイプオルガンで奏楽をいただき、感謝です。


イメージ 5
 
別の日に撮影したパイプオルガン。荘厳な音色です。


イメージ 6
 
平安教会のとても広い礼拝堂。

二階席も入れて、最大260名入ると聞きました。


イメージ 14
 
祈祷会後に1階で茶話会をします。

その準備も万端。

1階の集会室も、とても広いです。

 
イメージ 7

これは1階集会室の入口にかけられた、

かつての教会看板。

歴史の重みを感じさせます。


平安教会は、昔は四条のほうにあり、

そこから現在の岩倉に移転しました。


イメージ 8

定刻を待つ、桝田翔希 信徒伝道者。


本日の祈祷会でのお話を担当され、

ネパールワークキャンプでのことなどを、

よく準備してお話して下さいました。感謝。




この日は、祈祷会といっても、礼拝形式で行い、

そのなかで「奨励」と言ってお話を聞きます。


礼拝での「説教」は聖書からのお話が中心で、

「奨励」は信仰的な生き方のお話が中心かと思います。

信徒の方が話すときに、

それを「奨励」ということもあります。


お話のあとの「一同の祈り」というのは、

順番に全員が祈るのではなくて、

祈ろうと思う人が、

順番に関係なく自由に祈って、

それが終わったあとに、また別の人が祈る、

という方式です。(「自由祈祷」と言います)

全員ではなく、何人かが祈ったところで、

時間の関係もあって祈りのときを終了します。



イメージ 9
 
定刻が近づき、出席者が増えてきました。

この日の出席は5教会から20名。

それ以外に献金をことづけた方々が10名。

皆様のご参加に感謝申し上げます。





以下、当日の式次第から。

(讃美歌は「讃美歌21」)
 

   京都南部地区 新年合同祈祷会 式次第

 
1.前 奏

2.讃美歌 463番「わが行くみち」

3.祈 祷

4.聖 書  ルカによる福音書 2:48〜52
  
        コヘレトの言葉 3:10〜15

5.奨 励 

 「救急車代わりのジープ 〜ネパールの山村にて〜」

6.讃美歌 575番「球根の中には」

7.献 金

8.献金感謝 65-1番

9.一同の祈り

 どなたからでも構いませんので、

 自由にお祈りしてください。


 終わりに、祈る方がもう他にいないか確かめたのち、

 司式者が祈って終わります。


10.主の祈り
 
11.頌 栄 27番
 
12.祝 祷

13.後 奏



祈りの課題
 
・地区47教会・伝道所と地区・教区の働き。

東日本大震災、九州などの被災地域と、

 地域の教会・伝道所。

・世界・日本での、平和を求めて人間の尊厳を守る働き。


献 金

 新年合同祈祷会での献金は、
 
 東北や九州など日本各地での被災地復興支援や、
 
 京都南部地区の活動に献げられます。









 ──この日の聖書箇所から──


「神はすべてを時宜にかなうように造り、

 また、永遠を思う心を人に与えられる。
 それでもなお、神のなさるわざを

 初めから終わりまで見極めることは許されていない。」

            コヘレトの言葉 3章11節




イメージ 10
 
新年合同祈祷会が終了しました。

1階に移動して茶話会をします。
 
 
 
イメージ 11

茶話会でおぜんざいを出していただき、

ありがとうございました。

お餅をしっかり焼いていただき、豆もいいものを使って、

平安教会の皆様のご用意に感謝します。

塩昆布をつまみながら、

おかわりをしながら、みんなで美味しくいただきました。
 
 
 
イメージ 12

おぜんざいのあと、

出席者の自己紹介や近況などを、

順番に少しずつ話しました。

宇野稔牧師のユーモアに満ちた司会に感謝です。

楽しいひとときとなりました。
 
 
イメージ 13
 
 8時半に終了。寒い夜でしたが、

 出席者は、それぞれ元気に帰っていかれました。


 来年度の会場は、北白川教会です。

 どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 平安教会のみなさま、

 今回は本当にお世話になりました。

 心から感謝いたします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 さあ、2018年。

 悔いのないように祈る1年としましょう。